ディスプレイオーディオがUSB認識しない?音楽や動画を再生できないときの対処法

当ページのリンクには広告が含まれています。
ディスプレイオーディオがUSB認識しない?音楽や動画を再生できないときの対処法
  • トヨタのディスプレイオーディオでUSBを認識しない…
  • 音楽再生できないときの対処法は?
  • MP4など動画再生の方法は?

最近のトヨタ車はディスプレイオーディオという独自のナビしか使えません。(買うまで知らなかった…)

ディスプレイオーディオは普通のカーナビとは異なり、音楽再生などに少しクセがあります。

また、取扱説明書には32GBまでのUSBメモリしか使えない(!)と書いてありますが、それじゃ容量が全然足りなくて不便ですよね?

実は32GB以上のUSBを認識させる方法があります。(最高2TBまで!)

この記事では、ディスプレイオーディオで音楽再生する方法USB認識しないときの対処法動画再生まで実体験ベースで紹介します。

32GBのおすすめUSBメモリ

超小型で場所を選ばず、車内の雰囲気を壊さない

32GB以上のおすすめUSBメモリ

とにかくコスパ抜群で大容量でも安い

目次

トヨタのディスプレイオーディオがUSBを認識しないときに確認すること

トヨタのディスプレイオーディオで対応するUSBメモリ、音楽ファイル形式は次のとおりです。

規格USB2.0 HS(480MBPS)
ファイルシステムFAT 16/32
メモリ容量~32GB
※32GB以上でも動作確認済み
ファイル形式MP3
WMA
AAC
FLAC
WAV
ALAC
OGG Vorbis
1ファイルの最大サイズ2GB
最大フォルダー数3,000
最大フォルダー階層数8
最大ファイル数9,999(1フォルダーにつき、最大255ファイル)

トヨタのディスプレイオーディオでUSBを認識しないときには次の項目を順番に確認しましょう。

  • USBメモリのファイルシステム(フォーマット)
  • USBメモリ内のファイル・フォルダ数
  • 音楽ファイル形式(規格)
  • USBメモリを差す場所(ポートの位置)

USBメモリのファイルシステム(フォーマット)

規格USB2.0 HS(480MBPS)
ファイルシステムFAT 16/32
メモリ容量~32GB
※32GB以上でも動作確認済み

ディスプレイオーディオでUSBメモリが認識しない原因の大半はファイルシステムがFAT32以外なことです。

実は容量は32GB以上でもOKなのです。(後述)

最初にUSBメモリのファイルシステムがFAT32(またはFAT16)になっていることを確認しましょう。

ファイルシステムの確認方法
STEP
コンピュータ内のUSBメモリを右クリック → 「プロパティ」
コンピュータ右クリック
STEP
ファイルシステムを確認する
USBメモリ プロパティ

市販のUSBメモリは、購入時はFAT32になっていることが多いです。

しかし、32GB以上のUSBメモリはフォーマット時にFAT32が選択できないので、知らない間に別のファイルシステムになっていることも。

まずはUSBメモリのファイルシステムを確認しましょう。

ファイル形式がFAT32なら32GB以上のUSBメモリでも使用できます。

FAT32で32GB以上のUSBメモリの作り方
STEP
専用ツールをダウンロードする

32GB以上のUSBメモリをFAT32にするには専用のツールが必要です。

まずは次のリンクから「I-O DATA ハードディスクフォーマッタ」をダウンロードします。

STEP
ダウンロードしたツールをダブルクリックで実行する

ダウンロードしたツールをダブルクリックで実行するとフォルダが生成されます。

I-O DATA ハードディスクフォーマッタ
STEP
生成されたファイルを実行する

生成されたフォルダ内にある「HDDFMT.exe」を実行します。

I-O DATA ハードディスクフォーマッタ HDDFMT.exe
STEP
フォーマットするディスクを選ぶ

フォーマットするディスクを選んで次へ」をクリックします。

I-O DATA ハードディスクフォーマッタ ディスク選択

フォーマットするディスクを間違えないように注意してください。

STEP
フォーマット形式で「FAT32」を選ぶ

フォーマット形式で「FAT32」を選んで「次へ」をクリックします。

I-O DATA ハードディスクフォーマッタ フォーマット形式

確認画面で「はい」をクリックします。

I-O DATA ハードディスクフォーマッタ 確認画面
STEP
注意事項に同意してフォーマットを開始する

注意事項に同意します」にチェックし「次へ」をクリックします。

I-O DATA ハードディスクフォーマッタ 注意事項に同意

実行」をクリックしてフォーマットを開始します。

I-O DATA ハードディスクフォーマッタ 実行

フォーマットが終わったら「完了」をクリックします。

I-O DATA ハードディスクフォーマッタ 完了
STEP
ディスクのファイルシステムを確認する

ファイルシステムを確認します。

FAT32で32GB以上のディスクの完成です。

32GB以上のFAT32

USBメモリ内のファイル・フォルダ数

最大フォルダー数3,000
最大フォルダー階層数8
最大ファイル数9,999(1フォルダーにつき、最大255ファイル)

意外と見落としがちですが、USBメモリ内のファイルやフォルダの数にも制限があります。

特に「1フォルダにつき最大255ファイル」という制限には注意しましょう。

アーティスト別のフォルダにまとめてファイルを入れている場合に引っかかりやすいです。

制限を超えた分はディスプレイオーディオに表示されません。(つまり再生できません)

音楽ファイル形式(規格)

ファイル形式MP3
WMA
AAC
FLAC
WAV
ALAC
OGG Vorbis
1ファイルの最大サイズ2GB

MP3AAC、さらにFLACなどよく使われる音楽ファイル形式は、ほとんどディスプレイオーディオで認識できます。

普通の音源を利用していれば問題ありません。

AIFF(.aif)」は再生できません。

USBメモリを差す場所(ポートの位置)

最後にUSBメモリを差す場所(ポートの位置)を確認しましょう。

USBポートは「通信用」と「充電用」の2種類あり、ディスプレイオーディオで再生するには通信用ポートにUSBメモリを差す必要があります。

ディスプレイオーディオ 通信用ポート 充電用ポート
充電用ポートはType-C、通信用ポートはType-A
新型ノア USBポート位置
新型ノアのUSBポート位置

通信用ポートはType-A、充電用ポートはType-Cなので間違える可能性は低いかもしれませんが、Type-CのUSBメモリを使っている場合などは注意しましょう。

ディスプレイオーディオで動画は再生できる?

トヨタのディスプレイオーディオでは次の形式の動画が再生できます。

フォーマットコーデック
MPEG4拡張子:「‍.mp4‍」 「‍.m4v‍」動画コーデック:H.264、MPEG-4 AVC、MPEG-4
オーディオコーデック:MP3、AAC
AVIコンテナ拡張子:「‍.avi‍」動画コーデック:H.264、MPEG-4、MPEG-4 AVC、WMV9、WMV9 Advanced Profile
オーディオコーデック:MP3、AAC、WMA9.2(7、8、9.1、9.2)
Windows Media Video拡張子:「‍.wmv‍」動画コーデック:WMV9、WMV9 Advanced Plofile
オーディオコーデック:WMA9.2(7、8、9.1、9.2)
対応画像サイズ最大1920×1080ピクセル
対応フレームレート最大60i/30p

実際に新型ノアのディスプレイオーディオで動画をUSBメモリに入れて再生してみました。

トヨタ ディスプレイオーディオ 動画再生
USBメモリ内の動画も問題なく再生できた
トヨタ ディスプレイオーディオ 動画再生
全画面再生も対応

MP4やAVI形式の動画をUSBメモリに入れるだけで、あっさりと再生できました。

画質も十分キレイに再生されます。

動画が再生できないときの対処法

最初は普段使いのスマホGoogle Pixel 7aで撮影した動画(MP4)が再生できなくて困りました。

トヨタ ディスプレイオーディオ 再生できるデータがありません
MP4ファイルが再生できない…

原因は動画コーデックがH.265になっていたこと。

H.265 → H.264に変換すると無事に再生できました。

動画再生できないときはコーデック画像サイズを確認してみましょう。

ディスプレイオーディオに接続するおすすめのUSBメモリを紹介します。

USBメモリの選び方

USBメモリ選びで考えることは次の3つ。

  • 容量
  • 転送速度
  • 大きさ

容量

トヨタのディスプレイオーディオはFAT32であれば32GB以上でも認識してくれます。

保存する音楽ファイルの容量でUSBメモリを選びましょう。

容量MP3FLAC
32GB約2,850曲約650曲
64GB約5,700曲約1,750曲
128GB約11,400曲約3,500曲
256GB約22,800曲約7,000曲
出典:CD取り込みでおすすめの音質や形式は?音楽ファイルは高音質?容量重視?

動画も保存するなら容量が大きめのUSBメモリを選ぶと○です。

転送速度

転送速度はパソコンからUSBメモリに音楽ファイルをコピーするときに重要です。

大量の音楽ファイル大容量(FLACなど)のファイルをコピーする場合は、USB3.0以上だとコピー時間が格段に短縮できます。(パソコン側もUSB3.0の対応が必要)

一度USBメモリに転送してしまえば、ディスプレイオーディオでの再生時には気にしなくてOKです。

大きさ

車のUSBポート位置インテリアに合った大きさのUSBメモリの大きさで選ぶことも大切です。

普通の大きさや派手な色のUSBメモリだと、車内のインテリアに合わないかもしれません。

短い形状のものだとスペースを気にしなくて良く、雰囲気も損ないません。

32GBのおすすめUSBメモリ

容量転送速度大きさ
32GB~256GBUSB3.2(Gen1)30×14×5mm

超小型で場所を選ばず、車内の雰囲気を壊さないUSBメモリです。

サンディスクという信頼できる大手老舗メーカーの製品で、価格もそこまで高くないのも○。

32GBならとりあえずこのUSBメモリでOKです。

32GB以上のおすすめUSBメモリ

容量転送速度大きさ
32GB~256GBUSB3.2(Gen1)55×20×9mm

このUSBメモリはとにかく安いのが特長。

256GBでも2,500円前後とコスパ抜群です。

容量大きめのUSBメモリを探しているならおすすめです。

新型ノアのディスプレイオーディオで音楽再生してみた

我が家の愛車、新型ノアのディスプレイオーディオで音楽を再生してみました。

前の車ではカーナビにSDカードを入れて聞いていたのに、新型ノアにはSDカードを入れる場所がありません。

SDカードをUSBに変換するアダプターを使おうかとも思いましたが、USBメモリと値段がそこまで変わりません。

結局、家にあった古い外付けHDDをUSBメモリの代わりに使うことにしました。

新型ノアでもUSB接続して音楽再生できた

結論から言うと、新型ノアのディスプレイオーディオでもUSBメモリから音楽再生できました。

アーティスト別で再生

スクロールできます
トヨタ ディスプレイオーディオ アーティスト別
ミュージック → アーティスト
トヨタ ディスプレイオーディオ アーティスト別
アーティストを選ぶ
トヨタ ディスプレイオーディオ アーティスト別
アルバムを選ぶ
トヨタ ディスプレイオーディオ アーティスト別
曲を選ぶ

アルバム別で再生

スクロールできます
トヨタ ディスプレイオーディオ アルバム別
ミュージック → アルバム
トヨタ ディスプレイオーディオ アルバム別
アルバムを選ぶ
トヨタ ディスプレイオーディオ アーティスト別
曲を選ぶ

フォルダ別で再生

スクロールできます
トヨタ ディスプレイオーディオ フォルダ別
ミュージック → フォルダ
トヨタ ディスプレイオーディオ フォルダ別
再生したい曲までフォルダをたどる
トヨタ ディスプレイオーディオ フォルダ別
曲を選ぶ(フォルダ別では曲名の下にアーティストも表示される)

曲別で再生

スクロールできます
トヨタ ディスプレイオーディオ 曲別
ミュージック → 曲
トヨタ ディスプレイオーディオ 曲別
曲を選ぶ(曲別では曲名の下にアーティストも表示される)

USBメモリに音楽ファイルを入れて差すだけで、新型ノアで簡単に音楽を再生できました。

音楽を再生するだけなら、特に迷うところはありません。

ただし、カーナビに比べて再生の柔軟性はイマイチ

たとえば、アーティスト別に全曲をシャッフル再生したい場合、1つのフォルダにそのアーティストの曲をすべて入れる必要があります。

1フォルダ255ファイルの制限があるので、255曲以上あるアーティストは全曲シャッフルができません(Mr.Childrenやスピッツなど困りました…)

新型ノアのディスプレイオーディオは「Apple CarPlay」や「Android Auto」にも対応しているので、今後はそちらも試してみようと思います。

容量不足なら外付けHDDもあり?

最初は16GBのUSBメモリを使っていましたが徐々に容量不足に。

大容量のUSBメモリ購入も検討しましたが、とりあえず現在は家に余っていた外付けHDD(500GB)を使っています。

新型ノア ディスプレイオーディオ USBメモリ接続
最初は家にあった16GBのUSBメモリを使っていたけど…
新型ノア ディスプレイオーディオ 外付けHDD接続
今は使っていない外付けHDD(500GB)を活用することに

ただし、HDDは振動や衝撃に弱いので本当はUSBメモリ推奨です。

おすすめの音楽フォルダ階層

ディスプレイオーディオはカーナビに比べて再生の柔軟性が低いので、フォルダ分けが重要になります。

基本はアーティスト別フォルダの直下に音楽ファイルを入れておけばOK。

フォルダから再生すればアーティストの曲を一覧で聞けます。(シャッフルなどもOK)

  • アーティスト別フォルダ
    • 音楽ファイル(MP3、AACなど)

音楽ファイルにアーティスト情報やアルバム情報を設定しておけば、ディスプレイオーディオ側で自動的にアルバム別などに分けてくれます。

ただし、ファイル数が255以上ならアルバム別フォルダなどに分ける必要があります。

  • アーティスト別フォルダ
    • アルバム別フォルダ
      • 音楽ファイル(MP3、AACなど)
フォルダ別再生の曲順は?

フォルダ別で再生するときの曲順はファイルの作成日時順になります。(USBメモリにコピーした日時)

ファイル名順ではないので注意してください。

念のためトヨタにも確認したところ「ファイルアクセスを高速に行うためにファイル名は見ていない」と正式回答をもらいました。

ディスプレイオーディオで音楽が再生できないときの確認項目まとめ

ディスプレイオーディオで音楽が再生できないときの確認項目
  • USBメモリのファイルシステム
    • FAT32(またはFAT16)
  • USBメモリ内のファイル・フォルダ数
    • 3,000フォルダ、9,999ファイルまで
    • 1フォルダーにつき、最大255ファイル
  • 音楽ファイル形式(規格)
    • MP3AACFLACなどほとんどの音楽ファイル形式に対応
  • USBメモリを差す場所(ポートの位置)
    • 通信用ポートにUSBメモリを差す

トヨタのディスプレイオーディオでUSBメモリを認識しない、音楽が再生できないときは上記の項目を確認しましょう。

特にファイルシステムがFAT32であれば、容量32GB以上のUSBメモリでも認識してくれます。

ディスプレイオーディオではMP4AVI形式の動画も再生可能。

動画を再生するなら容量の大きなUSBメモリを準備しておくと安心です。

32GBのおすすめUSBメモリ

超小型で場所を選ばず、車内の雰囲気を壊さない

32GB以上のおすすめUSBメモリ

とにかくコスパ抜群で大容量でも安い

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

本業であるSEの経験を活かして、IT情報をちょくちょく発信中。使ってよかった商品もレビューしてます。

コメント ※スパム対策のため管理人確認後の掲載となります

コメントする

目次