iTunes Mediaフォルダの場所が変更できない?画像付きで変更手順を解説

iTunes Mediaフォルダの場所が変更できない?画像付きで変更手順を解説
 
ねこ
  • PCの買い替えでiTunesを移行したけど、
    iTunes Mediaフォルダの場所が変更できない

この記事ではそんなお悩みを解決します。

パソコンの買い替えなどでiTunesのデータを移行する際、実際の音楽データが入っているiTunes Mediaフォルダだけをコピーしていませんか?

何を隠そう私もその一人で、旧パソコンのデータ消去後にiTunes Mediaフォルダが変更できないことに気づきました。

今回は私が実際にiTunes Mediaフォルダを変更するために調べた手順を公開します。

本記事を参考にすると、iTunes Mediaフォルダを自由に変更することができるようになります。

本記事の内容

  • iTunes Mediaフォルダの場所を変更する手順
  • 「iTunes Library.itl」とは?

iTunes Mediaフォルダの場所は簡単に変更できない

私もパソコンを移行する前は次のように思っていました。

 
いぬ
iTunes Mediaフォルダってのが実際の音楽ファイルが入っている場所だな。
 
いぬ
このフォルダをコピーして、iTunesの詳細環境設定からiTunes Mediaフォルダを変更してやれば移行完了だろ。楽勝楽勝♪

しかし実際にパソコンを移行し、iTunes Mediaフォルダを変更しようとすると、

 
いぬ
なんか詳細環境設定から変更してもすぐに元に戻るし、これじゃ永遠に変更できないんだけど・・・

そうです、iTunesの詳細環境設定画面にある「”iTunes Media”フォルダの場所」の「変更」ボタンは、そのままでは絶対に使えない完全なる罠ボタンだったのです・・・

iTunes Mediaフォルダの場所を変更する手順

ではどうすればiTunes Mediaフォルダを変更できるのか。

結論としては、

  1. iTunes Library.itl」というファイルを事前にコピーしておく
  2. 特殊な方法でiTunesを起動
  3. ①のファイルをiTunesに読み込ませる

という手順が必要でした。

後ほど画面付きで詳しく解説します。

「iTunes Library.itl」とは?

iTunes Library.itl」というファイルが今回の要になります。

iTunesライブラリファイル
ライブラリにあるコンテンツのデータベース。このファイルを移動または削除すると、次回iTunesを開いたときに新しいファイルが作成されますが、作成したプレイリスト、曲の評価、コメントなどの情報は新しいファイルに含まれていません。

出典:PCで複数のiTunesライブラリを使用する

この説明だけ見てもよくわかりませんが、要するに「iTunes Library.itl」には、

  • ユーザーが作成したプレイリストの情報
  • iTunes(ライブラリ)内の曲の評価、コメントなどの情報

などの情報が格納されているようです。

とっても重要なファイルですね。

 
ねこ
今回はこの「iTunes Library.itl」ファイルの移行を忘れたから、プレイリストが消えてしまったんだね。

iTunes Mediaフォルダの場所を変更する手順

では実際にiTunes Mediaフォルダの場所を変更する手順です。

ここで紹介するのは、「iTunes Library.itl」ファイルのバックアップがない状態での変更手順です。
プレイリストなどは復元されませんのでご注意ください。
  1. iTunes Mediaフォルダを新しく作成したい場所に、空の「iTunes」フォルダを作成しておきます。
    このフォルダ内に、実際の中身が入ったiTunes Mediaフォルダをコピーしておきます。
    新規iTunesフォルダ作成

     

  2. iTunesで「詳細環境設定」の画面を開きます。(「編集」→「環境設定」→「詳細」
    iTunes Mediaフォルダの場所」を確認し、iTunesはいったん閉じておきます。
    iTunes Mediaフォルダの場所

     

  3. ②で確認した、「iTunes Mediaフォルダの場所」を実際に開きます。(普通にフォルダで開いてください)
    この場所の1つ上の階層の「iTunes」フォルダ内に、「iTunes Library.itl」ファイルがあります。
    「iTunes」フォルダ内の「iTunes Library.itl」ファイル

     

  4. ③の「iTunes Library.itl」ファイルを、①で作成した「iTunes」フォルダにコピーします。

     

  5. キーボードの「Shift」キーを押したままiTunesを起動します。
    「Shift」キーを押したままiTunesを起動

     

  6. 「ライブラリを選択」をクリックします。
    iTunesライブラリを選択

     

  7. ④でコピーした「iTunes Library.itl」ファイルを選択し、「く」をクリックします。
    「iTunes Library.itl」ファイルを選択し「開く」

     

  8. iTunesが起動します。
    ②と同じ手順で「iTunes Mediaフォルダの場所」を確認すると、場所が変更されています。
    iTunes Mediaフォルダの場所(変更後)

     

  9. 「ファイル」→「フォルダをライブラリに追加」をクリックします。
    フォルダをライブラリに追加

     

  10. ①でコピーしたiTunes Mediaフォルダを指定して「フォルダーの選択」をクリックします。
    iTunes Mediaフォルダを指定して「フォルダーの選択」をクリック

     

  11. ファイルの追加処理が始まります。
    ファイルの追加

     

  12. 処理が終わると、曲がライブラリに追加されました。
    あとは手動でプレイリストなどを作成しましょう。
    iTunesファイル追加後

まとめ:「iTunes Library.itl」も忘れずにバックアップしておこう

ここまでの内容を振り返ります。

  • iTunesの詳細環境設定からiTunes Mediaフォルダは変更できない
  • iTunes Library.itl」ファイルってとっても重要(プレイリストとか曲の情報とかが入ってる)
  • 「Shift」キーを押したままiTunesを起動すると、ライブラリ(「iTunes Library.itl」ファイル)を選択できる画面が開く

iTunes Library.itl」ファイルはとても重要なファイルです。

忘れずに「iTunes Library.itl」ファイルのバックアップも取っておきましょう。

人気記事  TSUTAYA DISCASの無料お試しとは?【無料で18枚レンタル】

人気記事 ジブリの作品はレンタルするしかない?オンライン(VOD)で観る方法は?